ジャズライブ&猫鑑賞会?

昨日の夜はご近所のプレデトアさんでジャズライブがありました。

年に1〜2回ですが、みなさんとても楽しみにしていただいてまして、

毎回20名近くのお客様が来られます。(ジャズライブでは多い方です、ホントに)

今回はワタシが今いる職場の仲間と、上司までもがわざわざ足を運んでくれました。

で、面白い事に来てくれた4名、全員が「ジャズはあんまり聴いた事がない。」「ジャズライブは

はじめて。」「でも雰囲気を味わいたい。」「で、ついでにnaozouさんちの猫を見たい。」と

猫に関しては「なんでやねん。」とツッコミたくなりますが、とにかくジャズ初心者の人達。

saxの澤井さんは事前の打ち合わせで初心者にもわかりやすい映画音楽、だれもが一度は聴いた事が

ある選曲をしてくださり、本当にありがたかったです。

ライブがはじまり、ジャズ初心者の人達が気になって気になって・・・ワタシ自身、ちゃんと聴く

ことができませんでした(苦笑)。

で、ライブも終わり楽しんでくれたのかなぁ・・・と心配してたのですが

皆さん感じ方はそれぞれですが、とても楽しんでいただけた様です。

昨日のライブをきっかけにジャズを身近に感じてもらえればうれしいなぁ・・・。

そして。ワタシ自身、はじめてのジャズライブってどんなだったかしら?と考えたのですが

思い出せないぐらい遠い記憶でした(笑)

でも、澤井 誠さんのライブに出会い、そこからどんどんジャズを好きになったのだけは

憶えてます。

子供からお年寄りまで楽しめるジャズ・・・目指す世界はそこだなぁ・・・・・・。




追記。ライブ前に猫を見たいと我が家に遊びに来た人が本当にいました・・・。

くぅちゃんが立派にホストを務めておりました(笑)。



[PR]
# by naozou69 | 2017-04-22 07:55 | 音楽 | Comments(0)

効くぅ〜。

週一の整体は今も続いてます。・・・が思いのほか体調が悪く、

一生懸命治療してくださる先生にも申し訳ない思いでいっぱい。

でも、通院を始めてからはロキソ○ンもいっさい飲まなくなりました。

はい、おかげさまで眼精疲労や肩こりからの偏頭痛は無くなりました。

低体温はあいかわらずですが、以前よりかは体温も上がって来た感じです。

しかし、からだのだるさはあいかわらずです。

朝起きると全身が痛く、すでにむくんで指が曲がらない毎日。

とにかくあちこちが筋肉痛の痛さなんです・・・って運動してないのに(泣)

先生にも「あなたは以前の会社で自律神経をやられ、調理師バイト(早朝)でカラダの芯から

冷やしてしまい、そこで心もカラダも両方壊れたんだね。」と言われ、自分でも納得。

まぁ・・・ボロボロなんです。

で、グーグル先生で「自律神経 治す 薬」と検索した所

ビタミン剤にヒットしまして。物は試しにとお薬を飲んで見ました。

・・・正直、驚いています。

ワタシにはあう様です。すごく効きます。

仕事前に一錠飲むのですが、だいたい1時間ぐらいでカラダの芯がぽっと温まります。

例えるなら機関車に燃料の薪を投下する感じなんです。トーマス頑張っちゃう♪みたいな。

いつも生あくびをしながら(ちゃんと寝てるのに)仕事をしてたのが

今は、すっきりバンバン仕事が出来ます。トーマス鼻から煙を出してます。

いやぁ、ありがたいなぁ。

でも。最近どんどんオヤジ化してる気がします。き、気のせいですよね?




d0357917_14060867.jpg




[PR]
# by naozou69 | 2017-04-16 14:31 | 日常のこと | Comments(2)

頂き物。

春らしいぽかぽか陽気の午後、2階のベランダで土いじりをしていると

隣のおくさんから「naozouさん。」と声をかけられた。

普段は道ですれちがえば軽くあいさつする程度の関係性。どちらかと言えば

その人のお姑さんの方が親しい。隣のおばちゃんと言えば、お姑さんのこと。

なのでちょっとビックリ。お嫁さんに声をかけられたから・・・。

「あっ、はい。そうですnaozouです。こんにちは・・・」とぎくしゃくなワタシ。

「実は、昨日うちの猫が亡くなったんです。」とそのおくさん。

隣のおばちゃんは野良猫をかわいそうだといって昔から猫を数匹飼ってた。

半分のらの様に育ててたもんだから、ワタシがまだ学生の頃、窓を開けて勉強してると

視線を外から感じ、ふと見上げるとおばちゃんちの黒猫がじっとこちらを見ていて

ぎょっとした事を思い出した。その子はとっくの昔に亡くなってしまったけど、きっと

その後もずっと猫が住むおうちだったんだろう。

おくさんが「うちではもう猫を飼わないって、おばあちゃんとも決めて。

なので、もしよかったら残ってしまったえさや猫砂をもらってもらえないでしょうか。」と。

お言葉に甘えありがたく頂戴しました。

d0357917_13020626.jpg


こんなにたくさんいただきました。ありがたいことです。

が、しかし。

どうやらご近所では「猫いっぱいと暮らす独身女。」は定着してるようですな。

あははー・・・あはは・・・。





[PR]
# by naozou69 | 2017-04-16 13:17 | | Comments(0)

雨がやんだら・・・

我が家のすぐ側にある川は桜の季節になると人も集まる場所になりました。

ここ数年は地元じゃない人もやって来ては写真を撮ったり、お弁当を食べたりと

にぎやかになります。

今年は天候も悪く残念ですが、桜はやはり美しく・・・曇り空もなんのそので。

d0357917_21213135.jpg


町内会で提灯を下げてます。ご近所のおっちゃん、おばちゃんが毎年一生懸命飾ってます。

ワタシもそろそろ町内会のお手伝いをしないとなー。


d0357917_21215666.jpg


子供の頃から見ている風景。でも毎年この桜を見ると胸にぐっとくるものがあります。

自然って偉大だ。


d0357917_21222423.jpg


お気に入りの桜(写真手前)です。華やかで美しく、他の桜よりも目立ってます。

いったいなにが違うんだろう?

今年も無事に桜を見る事ができました。あと何回見れるのかしら・・・。









[PR]
# by naozou69 | 2017-04-09 21:33 | 日常のこと | Comments(2)

昨年9月に我が家にやって来た陽菜ちゃん(♀)。

くぅちゃんと同じぐらいの生まれらしい。2歳の女子だ。

以前のブログでも書きましたが、陽菜はアニマルホーダーである老人から

保護団体を経由し我が家にやって来た・・・まぁ虐待をされてたワケで。

1年半、狭い狭いケージに3匹一緒に押し込まれ

えさも水ももらえたりもらえなかったり。なので陽菜はカラダが小さい。

おまけに部屋の中すら歩かせてもらった事がなかったそうだ。(虐待主の所では狭い

部屋に40匹近く押し込まれてた。)よほど怖い目にあったのか

人間と一緒に暮らしてたはずなのに全く心を開いてはくれなかった陽菜。

人間本体ももちろん恐怖の対象だったけど、特に手がダメだった。

手が動くだけでビクッとするの。それは陽菜には届かない距離でも、手が見えるとダメだった。

まぁのんびりゆっくりやっていくしかない。虐待を受けた猫からの信頼は、こちらが安全だと

思わせるしか手立てはないのでしょう。とにかく時間をかけました。

おかげさまで今では手が平気な子になった。と言うか、ワタシの手が大好きだそうで

手をひらひらさせると「え?なでてくれのの?ホントに!?」と

ノドをならしながらやって来るまでに。



d0357917_09150007.jpg


陽菜は日光浴なんてしたことがなかっただろう・・・我が家ではいつでもウェルカムなんだよ。



d0357917_09155475.jpg



いい夢みろよ(by柳沢慎吾)










[PR]
# by naozou69 | 2017-04-09 09:44 | 陽菜 | Comments(0)