頂き物。

春らしいぽかぽか陽気の午後、2階のベランダで土いじりをしていると

隣のおくさんから「naozouさん。」と声をかけられた。

普段は道ですれちがえば軽くあいさつする程度の関係性。どちらかと言えば

その人のお姑さんの方が親しい。隣のおばちゃんと言えば、お姑さんのこと。

なのでちょっとビックリ。お嫁さんに声をかけられたから・・・。

「あっ、はい。そうですnaozouです。こんにちは・・・」とぎくしゃくなワタシ。

「実は、昨日うちの猫が亡くなったんです。」とそのおくさん。

隣のおばちゃんは野良猫をかわいそうだといって昔から猫を数匹飼ってた。

半分のらの様に育ててたもんだから、ワタシがまだ学生の頃、窓を開けて勉強してると

視線を外から感じ、ふと見上げるとおばちゃんちの黒猫がじっとこちらを見ていて

ぎょっとした事を思い出した。その子はとっくの昔に亡くなってしまったけど、きっと

その後もずっと猫が住むおうちだったんだろう。

おくさんが「うちではもう猫を飼わないって、おばあちゃんとも決めて。

なので、もしよかったら残ってしまったえさや猫砂をもらってもらえないでしょうか。」と。

お言葉に甘えありがたく頂戴しました。

d0357917_13020626.jpg


こんなにたくさんいただきました。ありがたいことです。

が、しかし。

どうやらご近所では「猫いっぱいと暮らす独身女。」は定着してるようですな。

あははー・・・あはは・・・。





[PR]

by naozou69 | 2017-04-16 13:17 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://naozounari69.exblog.jp/tb/24093633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]