危ういところで・・・。

中学生の時、国語の授業中、先生が突然

「雪がとけたら何になると思う?」と切り出した。

まぁ、有名なお話ですが「雪がとけたら春になる。」と答えた子供がいたそうだ。

水ではなく「春」と答えた子供の感性のすばらしさに感銘を受けた。と

その先生は言っていたと思う。(いいかげん)

さて、先日街をブラブラ歩いていると、突然雨が降り出した。

駅まではもう少しかかる。早足で屋根のある場所まで行こうとしたその時。

・・・3〜4歳ぐらいの女の子が、空をあおぎ手をいっぱいにのばしながら

「おかあさん!お空が泣いてるよっっっ!」と大きな声でお話してた。

横にいたお母さんがにこにこしながら「そっかー。お空泣いてるねー。」と・・・。

思わず足を止めてしまった。

おばさん、感動した。

いい子に育った。いい子に育てた。と、その親子にハグしそうになった・・・危ないなワタシ。

でも、マジでちょっと感動しちゃいました。

どうしたら、こんなにかわいい子に育つのですか?・・・思わずインタビューしそうになる。

なんならちょっと涙ぐむワタシ。

どうでしょう?

これから雨が降る度に「お空が泣いてるよ♡(くねくねとカラダをねじりながら)」

と、上目遣いで話す46歳独身女は。

きっと周りのみんなはそんなワタシを見て涙ぐむはず。(別の意味で)






[PR]

by naozou69 | 2017-07-24 20:30 | 日常のこと | Comments(0)