今年もこの季節がやってまいりました。

たいしたイベントもないのに、なぜかしらこの時期になるとうきうきします。



d0357917_18011485.jpg



今年もでましたクリスマスツリー。

誰と見るのかって?

もちろん猫らとです。(あわれむな、憐れむでない!)

毎年、ちょっとずつオーナメントを付け足していきたいので

今年もまた街をブラブラして、素敵なオーナメントと出会えればと思っております。



d0357917_18071528.jpg


お気に入りのフィギュアです。

サンタクロース、今はゆっくりとくつろいでおられます。

クリスマス本番まではゴロゴロするんだ。と言ってます(笑)。




まぁ何が幸せって、こういうのをにやにやしながら飾り付けできる

自分自身に幸せを感じております。

あー今年も健康に、無事年を越せそうだなぁ。だとか思うのです。




我が家は今日も平和です。








[PR]

# by naozou69 | 2017-11-18 18:14 | 日常のこと | Trackback | Comments(4)

距離感、はんぱない。

子供の頃から犬を飼ってた。

どこに行くにも常に一緒だった。

家族ででかける時も犬と一緒じゃなきゃ「(遊びに)出かけなくてもいい。」

と言うような子供だった。犬は自分のカラダの一部のようだった。




大人になって、一人暮らしをはじめた頃、小鉄に出会った。

犬だと留守番がかわいそうだけど、猫は「家につく」動物だからちょうどいい。と

その時は自分の事しか考えず、かわいい小鉄と暮らす事になった。

小鉄と一緒に過ごす内に気付いた事がある。

猫は何も家につくワケではない。当然、人につく。

昼間、ひとりの小鉄はワタシが仕事から帰って来ると、しばらく後を付け回し

ずっと何かをしゃべってる。多分、今日の出来事を伝えてるんだと思う。

猫がクールだと勘違いされるのは、猫の単独行動からだと思う。

でもホントは違うんじゃないかしら。

家族がそろったら安心。昼間はひとりで家を守ってて、

夜、家族がそろえば安心してゆっくりすごすことが出来る。

だからしばらくすると自分の場所で寝てしまう・・・そんな態度を勘違いしてるだけ。

多頭飼いになって気付いたのは、ワタシが別の部屋に移動すれば

知らぬ間に皆が同じ部屋にいるのです。

でもそれはとても自然で、付かず離れずほどよい距離感。

視界に入る距離で見守られてる気がするのです。

自分にとって大切な人だもの。いつまでも見てたいですよね。




人間どうしもそうだといいな。

距離感がわからず、最近とまどう事が多い。

気に入られると、ぐんと近く・・・こちらが引くとイッキに遠のかれ。

ワタシの距離感がおかしいのかもしれないのですが

ワタシは大切だと思う人を適度な距離で見てますよ。

あなたのテリトリーには入ってないかもしれないけれど

5メートル以上、離れた所から見守ってます。

・・・って、こうして文字に書くとストーカーっぽいんだよなぁ。

いや、そういうことではなくて。

助けてと言われれば、いつでも飛んでいきますが、

何も言われない限りはだまって見守る。ということです。

・・・って、こう書くと冷たい人になるんだよなぁ。

人付き合いって・・・むずかしい。








[PR]

# by naozou69 | 2017-11-16 20:58 | 日常のこと | Trackback | Comments(2)

お世話は大変。

いつの頃からだろうか。

陽菜は(人間の)布団を敷くとどこに居ようが走ってダイブする様になりまして。

敷き布団の上でごろごろと回転し、「なでてー、なでてよー。」と甘える様になりました。

そしてワタシが寝ると同じ様に布団に潜ってきてワタシの腕枕で寝るのです。

ごろごろごろごろ・・・ノドを鳴らす陽菜。かわいくって仕方ありません。

で、面白いのがワタシがうとうと眠りにつく頃合いをみて

陽菜は布団から出て、自分のテリトリーであるケージにいってしまうのです。

まるで、子供を寝かしつけた後に自分の用事がやっとできる母親のように・・・。

案外、お世話をされてるのは人間の方かもしれませんね。

陽菜「この人、私があやしてあげないと寝れないのよねー。

もういつまでも子供で困っちゃうわ。」みたいな。

ちなみに。

男3匹(レオ、小鉄、くぅちゃん)も寝る時は、近い場所でワタシを取り囲むかのごとく

眠っております。これはまるで門番の様です。

おいおい、そんなにワタシは頼りないかい?(その通り!)

d0357917_19272012.jpg


お姫様待遇の陽菜。電気ストーブ前を占拠しております。

男3匹&おばさんは陽菜にデレデレなのです。



[PR]

# by naozou69 | 2017-11-15 19:42 | | Trackback | Comments(4)

手のキズは傷ではなく絆(きずな)


昨年の今頃は手の傷口が痛んで痛んで仕方がなかったけど、

今では、ふつーに使える両手・・・ありがたや。

実は先日、知人と話しててちょっと引っかかることがありまして。

その人もいずれ猫を飼いたいそうで、そんな話から

育てるなら子猫がいいんだけど、どっかにいい子いるかしら?

と聞かれたのですが・・・そもそもいい子って意味がわからない。

「ん?猫はみんないい子だよ?」とワタシ。

「いや、そうじゃなくて。できれば生まれたてがいいのよね。あとおとなしい子。

naozouの手を見てたら傷だらけで、なんか痛々しくって無理だわ〜。」と。

カチンとくるワタシ。猫には広い心でも人には狭き(心の)門になってしまうのが悪い癖だ。

「え?傷だらけ?これが?でも、これは猫が悪いんじゃなくて、ワタシのタイミングが

悪くて、たまたまひっかかっただけ。猫は全然悪くない。それにこの程度の傷で

気になる様なら、猫と・・・いや息のあるものと一緒に暮らすのはきびしいと

思いますけど???」と息継ぎ無しで伝えました。

「あー、あと、もひとつ言い忘れた。傷なんか気にならないぐらい猫からは

いっぱいのやさしさとか楽しさとかもらえるから。まぁそれも一緒に暮らさないと

わかんないだろうけど。まぁでも傷が気になるようなら絶対、無理だよね。」

一年前、脱走してしまった陽菜。6日間、寒空で身動きとれずじっとしていた。

ようやく保護したけど、ワタシとの関係性もままならぬ所をワタシが焦ってしまい

いきなり抱っこしたもんだから、陽菜は命がけで噛み付いてきた。

命がけで噛み付いたのに、今、ワタシの両手は動いてる。ありがたい。

消えない傷は陽菜がはじめてワタシに感情をぶつけた記念すべき印(しるし)の様に

思ってる・・・傷ではなくて絆なの。

これでいいのだバ〜カボンボン。





[PR]

# by naozou69 | 2017-11-08 23:06 | | Trackback | Comments(6)

伝染(うつる)んです。

古本屋さんでの出来事。

レジを待ってると何やら横で不穏な空気が・・・。

年齢はワタシと同じぐらいの男性。まぁ中年おじさんだ。

・・・が、本を売りに査定を待ってる様で、むっちゃイライラしてるのです。

「(査定に)いつまで待たせるんじゃぁ!ゴルァァァァァヾ(*`Д´*)ノ"」と

ハタチにもなってないようなバイトくんをどなってる。

「おい!店長呼べ!店長をっっ!!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆」と激おこぷんぷんだ。

うわぁ、ドラマの様なセリフだなぁ。なんて思ってると、心の声がそのまま

顔に出てしまい「くすっ」と笑ってしまってまして。

・・・完璧目が合いました。

ギロリとにらまれてしまいました・・・まぁそれだけで済みましたが。危なかったぜ、ワタシ。




以前の仕事では、窓口対応をしていたので、本当にいろんなお客様に出会いました。

まぁ大半はいいお客様です。でも中にはどうしようもないお客様もいらっしゃいます。

今だから「めんどくせぇ、客だなぁ。」って思えるけど

その時は「どうすれば、このお客様を怒らせない様に出来るかしら。」なんて

本当に真面目に考えてましたからね。(何なら笑顔にさせたい。とか思って

ましたから・・・そりゃ疲れますよね。)

今日のおじさんを見て思ったのは・・・何も子供ほど年の離れた子にそんなに

ムキにならなくても。時間がなければ、別の日にでもすればいいのに。

・・・いろんな意味で、ゆとりがないんですよね。

そして不思議な事に、こういう雰囲気って、すぐ伝染・・・うつるんですよ。

怒鳴り声を聞いた事で、不愉快な気分になって、レジを待ってる別のお客さんまで

イライラし、悪態を付き始めるんです。これも窓口やってて本当に嫌な出来事だったなぁ。

続けざまに怒られ、凹むんです。本当に嫌だった。

なので、ワタシはこういう場所に遭遇した場合、むっちゃええ人を演じる様にしています。

いつも以上に、にこにこしてお釣りを受け取り「ありがとう♡」とおっさんに聞こえる勢いで

大声を出すんです。一見とても怪しいですが・・・レジ側からすれば、結構これで救われたりも

するんですよ。場の雰囲気を変えようとするんです、無意識に。



なるべく穏やかにすごしたいですなぁ〜ε= (´∞` ) ハァー



[PR]

# by naozou69 | 2017-11-04 18:09 | 日常のこと | Trackback | Comments(4)