カテゴリ:陽菜( 2 )

もうすぐ一年。


陽菜が我が家にやって来て、もうすぐ一年が経つ。

あっという間の一年。今の陽菜はゆったりまったりな日常を送っている。

かなりびびりんなお嬢なので、ストレスがかからない様

こちらもおしとやかな毎日を過ごしている。(本当か!?笑)

写真写りが悪いのか、なかなかええ写真がないのでUPできないけど

最近の陽菜は、本当にやさしい顔になってきた。笑顔も多くなってきた。

この子は、そんなに長くは生きれないかもしれない。でも毎日をのんびり

暮らせる様・・・陽菜の為だったらなんだってする覚悟だ。

なぜ今さらそんな覚悟を書くのかと言うと・・・・・・

先日、たまたま陽菜を保護した団体のブログを拝見した。

つらい内容のブログ記事が多く、あまり見てなかったのだが

なんとなく開いてしまった。

2016年8月21日。

多頭崩壊先から猫30数匹を保護できた日だった。その中に陽菜もいた。

あれから一年、みなそれぞれの場所で生きている。

そんな中、亡くなった子もいた。保護されて一年で亡くなったそうだ。

FIP・・・猫の伝染性腹膜炎。一度発症すると治ることはなく

死亡率も高い恐ろしい病気だ。陽菜よりも若いくろねこくんが・・・亡くなった。

そのブログを読み、他人事ではないな。と思った。

正直、そのブログを見るまでは陽菜は元気でやっていけてると思ってた。

その自信はどこからくるの?と今の自分に言いたい。

劣悪な環境の下、生後数ヶ月でケージに押し込まれたまま1年と数ヶ月。

生きる上で大切な赤ん坊の頃の・・・ベース部分が悪過ぎる。

上書きはできても、いつひょっこりと底に沈んだ悪いヤツが出てくるかもしれん。

そいつがのこのこと出て来ない様・・・どんどん幸せを上書きしていくしかない。

ワタシにはそれしかできないの。







[PR]

by naozou69 | 2017-09-03 11:30 | 陽菜 | Comments(8)

昨年9月に我が家にやって来た陽菜ちゃん(♀)。

くぅちゃんと同じぐらいの生まれらしい。2歳の女子だ。

以前のブログでも書きましたが、陽菜はアニマルホーダーである老人から

保護団体を経由し我が家にやって来た・・・まぁ虐待をされてたワケで。

1年半、狭い狭いケージに3匹一緒に押し込まれ

えさも水ももらえたりもらえなかったり。なので陽菜はカラダが小さい。

おまけに部屋の中すら歩かせてもらった事がなかったそうだ。(虐待主の所では狭い

部屋に40匹近く押し込まれてた。)よほど怖い目にあったのか

人間と一緒に暮らしてたはずなのに全く心を開いてはくれなかった陽菜。

人間本体ももちろん恐怖の対象だったけど、特に手がダメだった。

手が動くだけでビクッとするの。それは陽菜には届かない距離でも、手が見えるとダメだった。

まぁのんびりゆっくりやっていくしかない。虐待を受けた猫からの信頼は、こちらが安全だと

思わせるしか手立てはないのでしょう。とにかく時間をかけました。

おかげさまで今では手が平気な子になった。と言うか、ワタシの手が大好きだそうで

手をひらひらさせると「え?なでてくれるの?ホントに!?」と

ノドをならしながらやって来るまでに。



d0357917_09150007.jpg


陽菜は日光浴なんてしたことがなかっただろう・・・我が家ではいつでもウェルカムなんだよ。



d0357917_09155475.jpg



いい夢みろよ(by柳沢慎吾)










[PR]

by naozou69 | 2017-04-09 09:44 | 陽菜 | Comments(2)