タグ:ライブ ( 3 ) タグの人気記事

アナログ


お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」

北野 武さんの本「アナログ」。まだ読んではいないけど

どんどんデジタル化していくこの時代に、あえてのアナログな生き方は

世の中には逆行している様でも本来の姿に戻っている気が・・・するのです。

ひとつひとつを丁寧に・・・手間が大切なんですよ、きっと、たぶん。



d0357917_22583234.jpg


先日、自転車で10分程の距離にあるカフェ「コールマン」で

澤井 誠さんのジャズライブがありタクシーでも電車でもなく

自転車を走らせ行って来ました。

まるでちょっとそこまでお買い物にでもでかける様に

ジャズを聴きに行く・・・なんだかとてもいいです。



d0357917_22530045.jpg



お店の雰囲気はアンティークで落ち着いていて、マスターのジャズが好き。な感じが伝わります。




d0357917_22521628.jpg



このどっしりとした風格あるピアノは100年以上前のものなんですって。

さすがな存在感でした。

今回はスタンダードな曲がほとんどで、はじめてジャズを聴く方も十分楽しめるライブでした。



d0357917_22534143.jpg



ライブ終了後、嬉しいプレゼントを頂戴しました。新しいCDです。



d0357917_22542592.jpg
d0357917_22592076.jpg


Sax澤井さんとPiano田中さんのお二人だけの音源です。

いただいたのはCDでしたが、いずれはカセットテープで販売される様です。

いただいてすぐにCDオーディオで聴いて見たのですがしっくりこず

結局昔から我が家にある古いCDラジカセで今は聴いています。

クリアな音質よりいなたさを感じるラジカセの音質の方が、

耳には優しい音色を運んでくれる様です。

レコードからカセットテープ。そしてCDからデジタル音源へ。

便利さ、クリアであることを求めていく内に、あまりあたたかみを感じなくなって

いた様に思うのです。

レコードやカセットテープって、音には出ない空気感が出る気がします。

いいですねアナログ。







[PR]

by naozou69 | 2017-12-09 23:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

風紋

高校生の頃、吹奏楽部に入ってた。

夏のコンクールでは、自由曲と課題曲をステージで一曲ずつ演奏する。

課題曲はその年に決められた2〜3曲の中から先生が選び

あとはひたすらコンクールに向けて練習するのだ。

当時はカセットテープ(古いです)で、音源を聴き「今年はどの課題曲になるのかなー。」

なんてみんなで話したりして・・・とても楽しい思い出。

・・・高校時代どうしても演奏したい課題曲があった。

それが「風紋(ふうもん)」だ。

風紋とは風によって、砂丘の砂が波打つ様子のことを言うらしい。

d0357917_23380180.jpg
こんな感じ。

「風紋」という課題曲は、まさしく画像のとおりだった。

風が吹いて、次々と砂で波が作られる様に、音楽が・・・ハーモニーが、

追いかけっこの様に通り過ぎ、そして重なり合い美しいネイロを奏でるのです。

難易度が高い曲だったため、弱小チームな我が高校では演奏しなかったのだけど

コンクール当日、前の出番だった高校がこの「風紋」を課題曲に選んでいて

舞台袖ではじめて生音を聴いた瞬間・・・鳥肌が立った。

この感覚はいまでも思い出せるぐらい・・・衝撃だった。

若い時ははじめての事にふれると感動し、ふるえ・・・その度に鳥肌を立てて涙した。

はずかしいぐらいだ。音楽や映画やお芝居で・・・泣いたものです。

あとどれぐらいの感動を味わうことが出来るのだろう。

感動できることも若さの特権なのだろうか。

本日、ワイズロードにて澤井 誠さん(a sax)と田中 敬子さん(p)の

ライブを観て来ました。

バラード中心のライブでしたが、とても心が落ち着き、癒されました。

澤井さんのsaxはとても不思議で、聴いてると懐かしくもありせつなくもあり

昔の楽しかった思い出がよみがえり、なんとも言えない気持ちになる。

聴くことで前向きになる音楽も必要かもしれない。

でも。過去を懐かしみ、あの頃があるから今があることを知り

そして明日も生きて行こうと思える音楽もそれはそれで大切な気がする。

本日のライブでは、ふと風紋を思い出し、学生の頃の生き生きしてた自分に

出会えた瞬間でした。

おかげさまで明日からもがんばって生きるとしますかー。

と思える一日となりました。

やっぱり音楽っていいですね〜。






[PR]

by naozou69 | 2017-10-06 23:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ジャズライブ&猫鑑賞会?

昨日の夜はご近所のプレデトアさんでジャズライブがありました。

年に1〜2回ですが、みなさんとても楽しみにしていただいてまして、

毎回20名近くのお客様が来られます。(ジャズライブでは多い方です、ホントに)

今回はワタシが今いる職場の仲間と、上司までもがわざわざ足を運んでくれました。

で、面白い事に来てくれた4名、全員が「ジャズはあんまり聴いた事がない。」「ジャズライブは

はじめて。」「でも雰囲気を味わいたい。」「で、ついでにnaozouさんちの猫を見たい。」と

猫に関しては「なんでやねん。」とツッコミたくなりますが、とにかくジャズ初心者の人達。

saxの澤井さんは事前の打ち合わせで初心者にもわかりやすい映画音楽、だれもが一度は聴いた事が

ある選曲をしてくださり、本当にありがたかったです。

ライブがはじまり、ジャズ初心者の人達が気になって気になって・・・ワタシ自身、ちゃんと聴く

ことができませんでした(苦笑)。

で、ライブも終わり楽しんでくれたのかなぁ・・・と心配してたのですが

皆さん感じ方はそれぞれですが、とても楽しんでいただけた様です。

昨日のライブをきっかけにジャズを身近に感じてもらえればうれしいなぁ・・・。

そして。ワタシ自身、はじめてのジャズライブってどんなだったかしら?と考えたのですが

思い出せないぐらい遠い記憶でした(笑)

でも、澤井 誠さんのライブに出会い、そこからどんどんジャズを好きになったのだけは

憶えてます。

子供からお年寄りまで楽しめるジャズ・・・目指す世界はそこだなぁ・・・・・・。




追記。ライブ前に猫を見たいと我が家に遊びに来た人が本当にいました・・・。

くぅちゃんが立派にホストを務めておりました(笑)。



[PR]

by naozou69 | 2017-04-22 07:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)