人気ブログランキング |

戦ってます。

事後報告で書くべきかどうか迷ったのですが。

ひとりではどうしても受け止めきれず、こうしてブログを更新します。

トゥッティはてんかんではありませんでした。

それよりも恐ろしいFIPでした。仔猫の致死率は100%です。

何となくわかってました。この子はそんなに長くはないのではないか。と・・・。

ただこんなに早いとは思わなかった。

今日、病院に行きました。猫仙人先生のいる病院。

見た瞬間に「もうダメだよ。」とバッサリ。ワタシも「FIPですか?先生?」と即答。

その後は無理な治療はしない方がいいから、とにかく食べたい物をいっぱい食べさせて。と

先生に言われました・・・はい、そういうことです。看取るということです。

帰りの電車でずっと泣いてました。土曜の朝から泣いてるおばさん。こっけいです。

トゥッティはここ2日でがくんと悪くなっています。もうそんなに時間はありません。

今は・・・とにかく普通にしています。寝たい場所で寝させ、食べたい物を少しずつ与え、

おもちゃで遊ぶ元気は無いので、ワタシは側でなでたり、声かけたり・・・。

ただただ悔しくて、ただただ申し訳なくて・・・トゥッティにはごめんなさいしか言えません。

苦しみが無い様に・・・それだけを祈ってます。

こんな小さなカラダにこれ以上試練は与えんでやってください、神様。

かあさんと離ればなれで炎天下に捨てられて。警察では落とし物扱い。

その結果、苦しんで・・・なんてあんまりじゃないか。

お願い神様。ワタシの祈りが届きます様に。

そしていまさらだけど。

ワタシの命をトゥッティにわけてもらえはしないだろうか。









# by naozou69 | 2019-08-24 22:18 | トゥッティ | Trackback | Comments(10)

花のたましい

1ヶ月ほど前の話。

殺風景な我が家の庭に彩りが欲しくて、珍しくお花を植えた。

家の近くの商店街で買った色とりどりの小さなお花。

見てるだけでしあわせな気分になった。

せっかくだから庭先に植えてみた。

通りすがりの人にもかわいいお花を愛でてもらおう。

不慣れなガーデニング。

さぁ3日坊主にならない様、ちゃんとお世話をしないといけません。

鉢に植え替え水をまく。

すると「まってました!」と言わんばかりに蜂やら蝶やら虫がわらわらと飛んで来た。

いかに普段ワタシが虫のお役に立ててないかがわかった瞬間でもございました(苦笑)。

金子 みすずさんの童謡集の中に「花のたましい」がある。とても素敵な詩だと思った。


☆花のたましい☆

ちったお花のたましいは、みほとけさまの花ぞのに、
ひとつのこらずうまれるの。

だって、お花はやさしくて、おてんとさまがよぶときに、
ぱっとひらいて、ほほえんで、
ちょうちょにあまいみつをやり、人にゃにおいをみなくれて、

風がおいでとよぶときに、やはりすなおについてゆき、

なきがらさえも、ままごとの
ごはんになってくれるから。






# by naozou69 | 2019-08-16 23:54 | 日常のこと | Trackback | Comments(2)

意識する。

今回仔猫を拾ったのはワタシではありません。

拾った人からのヘルプでお声がかかり

その人もワタシには相談だけのつもりでした。

警察に連れて行かれた事。2匹の内1匹はぐったりしていた事。

警察ではきっとお世話はできないだろう。

気づけばワタシが動く事になってました。

大昔のワタシならまず考えたでしょう。

どうするの?

面倒見れるの?

すでに4匹も猫がいるんだよ?

実際、そんな考えが頭をかすめたのは仔猫を自宅に連れ帰ってからでした。

「2匹の命!・・・どうする?・・・いや助けるでしょ!!」

これは猫を拾いどうしよう。とご相談を受けた瞬間の気持ちです。

直後で感じた思いはワタシの本心です。

人は大人になっていろんな状況下の中、考え、

疑問が出てその答えを頭で考えようとします。

そう。自分に問いかけてしまうんです。



「意識」という言葉を禅では、直感を「意」と考え、

そのあとこれでいいのだろうか?自分は損をしてないだろうか?と

後付けの思いが頭をもたげてくる。これが「識」の部分なんだそう。

ワタシは今「意のままに生きている。」のだと思います。

とてもぜいたくでありながら、その分責任も重くなる・・・重くしています。

でもここ数年でようやく「意」の部分が強くなったのかな?と思ってます。よきかな。



さぁさぁお盆です。父さんが帰って来る日だ。

また猫が増えてる。父さん・・・おどろくだろうなぁ。




ケセラセラ。なる様になるから。





# by naozou69 | 2019-08-15 11:44 | 想い | Trackback | Comments(2)

よろしくね、トゥッティ。


d0357917_11254528.jpeg

くぅちゃんのおかあさん代わりのドナルドさんを借りてる薄いサビちゃん。

彼女の名前は「トゥッティ(tutti)」

男の子みたいな呼び名だけど、響きが明るくて未来を感じるからこれにした。

そして音楽用語で意味は「みんなで」だ。

tuttiは誰一人休む事なく演奏するという意味がある。イタリア語。

彼女には我が家全員をまとめる力を持ってもらいたい。

tuttiのもしかしたら持ってる病気もなかなか出て来ん様に、

みんなでまとまって戦って行ければいいなぁ。なんて思う。

よろしくね、トゥッティ。



d0357917_11261442.jpeg



まだまだ貧弱なトゥッティ。がんばれ、太れ!(笑)



d0357917_11263488.jpeg



どぇんでマイペースな小鉄おじさんは、あいかわらず全ての猫にやさしくて愛に生きる男だ。

愛してるぜ小鉄。



まぁ明るく書いてはいるものの内心毎日がドキドキだ。

女一人に猫5匹・・・いろんな意味でここまで来てしまったのか。と・・・。

まぁ乗りかかった舟だ。いまさら飛び降りる事もできねーからな。

おばさん、がんばる。もっとお仕事がんばって君たちのごはん代やら治療費代を稼ぐ(笑)



・・・と言う訳で新しい家族tutti(トゥッティ)をよろしくお願いします。



# by naozou69 | 2019-08-14 12:10 | トゥッティ | Trackback | Comments(4)

受け入れるしかないのです。

お盆までに猫を譲渡する予定・・・希望だった。

長い連休で仔猫とスキンシップを散々していただき

日常に戻るまでの期間を少しでも延ばしてもらいたかった。

薄いサビちゃんは11日にトライアル予定だった・・・だったのだ。




8月6日(火)AM6:30

いつもは6時に朝ご飯を用意するのだが、今日は少し寝坊だ。

あわてて6匹分の食事を用意する。

仔猫の食は細くて、何度も小分けにして与えている。そのため残ったごはんは冷蔵庫。

レンジでチンしようと冷蔵庫を開ける。仔猫は足元で「ごはん、ごはん」と走り回ってる。

「踏んだら一巻のおわりだよ。」とワタシ。ここまではいつもの日常。



突然、薄いサビちゃんが痙攣を起こした。

一瞬、何が起きたのか把握できないワタシ。

窒息?誤飲?心臓発作?何?なに?なにーーーー???

ひきつけを起こし全身に力が入ってるサビちゃん。

あわてて口の中を開けようとするもがっちりと閉ざされ

ワタシの力でも開けることは出来ない。

・・・黙って見るしかできませんでした。他の猫も集まって来ました。

みんなでサビを黙って見続けます。なんだか・・・腹をくくりました。

時間にして1分もなかったかもしれません。すっと発作はおさまりました。

びっくりしたのでしょう、その後しばらくお母さんを泣きながら呼んでました。

で何事も無かったかの様にごはんも食べました。

ワクチンを打っていただいた先生(自宅近くの往診専門の先生)に相談した所、

おそらく「てんかん」だろうと。発作の頻度が多い様だったら薬を飲む治療があるそうです。

里親希望の方にすぐお断りの連絡をしました。痙攣の様子はかなりダメージがありますから。

これが直接の原因で死ぬことはない気がしますが、それでも突然の発作。どこで起こるかわからない。

そんなリスクを見ず知らずの里親様に押し付けるなんて出来ません。

仕方がない・・・ここでいいか?とは思うけど。



「うちでよければ、家族になろう。」

こうして薄いサビちゃんは5番目の家族になりました。

濃いサビちゃんは絶賛里親募集中!・・・ですが、こちらも貰い手なさそうですねぇ。





# by naozou69 | 2019-08-14 11:52 | | Trackback | Comments(0)