成長し続ける女。

我が家の4匹の猫で紅一点の陽菜ちゃん。

ワタシ以外の人間には全く懐かず・・・姿すら見せないので幻の猫と言われている。

我が家にやってきて2年を過ぎた辺りから、陽菜は益々成長している。「こころ」が。

虐待を受けてた子なので今でもがっつり抱っこはできない・・・でも最近はちょっとだけ

持ち上げることができるようになった。ホントのだっこはまだまだ無理だけど

ワタシの膝の上でゴロゴロ言いながら寝るのが大好きな様だ。

ワタシがこたつで足をのばしていると必ずやって来て膝に乗るか、寄り添う様に寝る陽菜。

それも割と強引で他の猫が近づこうものなら「私とおばさんの邪魔をしないで!!!」とばかりに

猫パンチをお見舞いする女子特有のわがままぶりが炸裂する。でもそれがすごく嬉しいのだ。

こんなにわがままな振る舞いを出来る様になった陽菜・・・少しは自由なこころで

暮らせてるのだろうか。と勝手に想像してしまう。

人間だって、猫だってストレスがカラダにとって一番よくないと思う・・・。

誰も叱りはしないのにビクビク行動する陽菜を見て、何度胸がしめつけられる思いだったことか。



d0357917_10500197.jpg


ガスファンヒーター前の特等席。陽菜が独り占めしている。



d0357917_10493763.jpg


小さなクッションを上半身の下に置いて寝ると気持ちいいらしい。おだやかな表情だ。



d0357917_10484379.jpg


クッションを枕にくつろいでる陽菜。とても心地よさそうだ。

そういえば昨日の夜、はじめてごはんの催促以外で鳴いたのだ。

今まで陽菜は「もっとごはんをください。」でしか鳴いた事がないのに

昨日はワタシの膝の上でゴロゴロとのどを鳴らし、ふと思いついた様に

「にゃ〜ん。」と優しい声で話かけて来た。「好きだよ、おばさん。」と言った様に思った。

しばらくじっとワタシを見続けた陽菜。その後、またのどを鳴らしながら寝たのです。

なんだかほろりとした瞬間でした。





by naozou69 | 2019-01-14 11:18 | | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://naozounari69.exblog.jp/tb/27395607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pinochiko at 2019-01-14 12:12
naozouさんがその瞬間、どんなに嬉しかったことか!
想像しただけで、こちらまで涙が出そうです。
陽菜さん、このお家に来られて、本当に良かったですねぇ。
すべての猫は幸せになる権利があるもの。助けてくれて本当にありがとうございます。
Commented by canomama at 2019-01-14 16:55
陽菜ちゃん、ほんとに良かった!!
ほんとにホロッとするね。
いきさつも読んでるので、やはり時が解決する部分が
大きいな~って(*^^*)
勿論nozouさんの尽力が一番よ!

遅くなりましたが、今年もよろしくね~(*^^*)
Commented by naozou69 at 2019-01-15 19:20
> pinochikoさん
コメントありがとうございます。幸せになる権利・・・そうですよね、本当にそう思います。陽菜がゆっくりでも明るくなっていくのを見れる事がすごく嬉しいです。もしあの時連れて帰ってなければどうなってただろうか・・・と考えてしまいます。ゆっくりのんびり着実に成長しています☆
Commented by naozou69 at 2019-01-15 19:26
> canomamaさん
今年もよろしくお願いします☆仔猫の時に人間と関わりがないと懐くのは難しいのかなぁ。って陽菜と暮らして実感しました。この2年間はある意味「はれものに触る。」感じだった様に思います。そして、本当に時間って大切ですね、日々の積み重ねなんだなぁと改めて思いました。まだまだ他の子らに比べるとワタシも少し遠慮はありますが、それでも確実に距離は縮まるっております☆