そろそろ次のステップへ。

同じ時間に生まれた兄妹でも成長の違いは多少あります。

茶トラくん、サビちゃん、三毛ちゃんの順で日々成長している。

d0357917_11320179.jpg




この点々としたシミ、何だかおわかりだろうか?

実はこれ、茶トラくんがお漏らししながら歩いた跡なのだ。




d0357917_11400596.jpg




「わたしじゃないですよ。」とサビちゃん。うん、わかってるよ。

2〜3日前から、茶トラくんはお漏らしをする様になりまして。

コットンでトントンしなくてもおトイレが出来る様になったのだ。

あー、3匹中1匹だけのトイレトレーニングはどうすればいいのだろう。今、思案中。

ミルクの飲み方も勢いが増し、なんだか物足りなさを感じてる風なのは茶トラくんとサビちゃん。

こちらもそろそろ離乳食との併用の時期なのかもしれません。

最近まで寝たきりでおむつにミルクだった赤ちゃん猫らが最近ではうろうろと探検をする様になりました。

くぅちゃんの時と違って3匹が四方八方、放射線状に脱走するからおばさんは大変だ。

大人猫4匹に手伝ってもらいながら、ひとところにまとめています(笑)。

これから1ヶ月で色々とトレーニングして、人間大好きな猫らになってくれればいいな。と思ってます。

いつか素敵な家族と出会える為に・・・ね。



d0357917_11393125.jpg


これでもかとミルクを飲ませてます(笑)。ぱつぱつやー。



[PR]

# by naozou69 | 2018-04-21 11:44 | | Trackback | Comments(2)

協力体制。

気付けば、目もぱっちりと開き、どうやら耳も聞こえてきた様で

ワタシが横を通る度「出してー、ここから出してー、そしてミールークー。」と

3匹の鳴き声はかなり大きくなって来た。うれしいけど、きっとご近所では

「またあのお家、猫が増えた様よ。」と言われてるに違いない(苦笑)。

無事に歯もはえてきて、今まで「赤ちゃん猫」だった子達が「子猫」の域に達した

ような気がします。毛繕いもいっちょまえにしてみたり、軽く兄妹喧嘩もしてみたり。

あー、思えばくぅちゃんは4匹兄妹だったのを引き離して育てたから、こういう本来の

猫の世界・・・ルールを知らないまま育ったんだなぁ。とちょっとかわいそうな事をしたかな。

なんて考えたりもして。




ところで。昨日の夜、ミルクを与えていると、思いのほか良く飲んでくれ

すぐに哺乳瓶が空っぽになった。あわてて補充をするため台所に行ったのですが

いつもなら子猫用のケージにいちいち戻すのを、すぐ作るしだいじょうぶだろうと

ホットカーペットの上に3匹を固め、毛布で周りを固め、即ダッシュでミルクを作りに・・・。

待てない子猫らはにゃーにゃーと鳴きわめき大騒ぎ。でもしばらくすると・・・鳴き止んだ。しーん

もしかして何かあったのでは!?とミルク作りも途中であわててかけつけると

ホットカーペットから出てしまい、畳の上を歩き始めた茶トラくんを

くぅちゃんが「こっちはダメだよ。」と鼻先でホットカーペットに誘導しているのを発見!

感動するおばさん。ワタシの前ではいつも無関心なふりをしてるのにぃ。

くぅちゃん、あんたいいヤツだよ。とくぅちゃんをハグするおばさん。ほったらかしの子猫。




仕事から帰って来ると、陽菜は毎日玄関でカラダをうねうねさせ「喜びの舞い」を披露してくれる。

ところが今日は、陽菜がいない。調子悪いのかな?と気になり、リビングに行くと・・・。

子猫がいる和室から慌てて飛び出して来た陽菜ちゃん。どうやら子猫をずっと眺めてた様。

かわいいよ、陽菜。




おかげさまで我が家の猫らは、どの子も怒ったりすることなく「しゃーない、受け入れるか。」と

大人な対応をしてくれる。ただストレスゼロかと言われると、きっとそうではないと思う。

深夜0時までは子猫と一緒に過ごしても寝る時だけは大人猫4匹がいる部屋で寝ることにしている。

布団に入ると、それぞれがいろんなアプローチで次々と甘えて来るのです。

順番に抱っこしたり、なでたり、話しかけたりしながら・・・ワタシも安心して

眠りにつくことができるのです。幸せです。



d0357917_20131393.jpg


肩を組みながら眠るサビちゃんと茶トラくん。

その頃、三毛ちゃんは・・・・・・


d0357917_20133373.jpg

おばさんとほっこりするのでした。



[PR]

# by naozou69 | 2018-04-18 20:53 | | Trackback | Comments(4)

猫風邪VS猫おばさん。



何となくなんだけどぉ。

d0357917_18583887.jpg


おばさんさぁ・・・。


d0357917_18591856.jpg



猫風邪に勝った気がするの!




d0357917_19000696.jpg






d0357917_19003477.jpg






d0357917_19010573.jpg





ようやく3匹ともに標準体重300gを超えました。

まだまだ気をゆるめることは出来ないけど大丈夫だと信じてる。

風邪に負けルナ!(CMかよ)









[PR]

# by naozou69 | 2018-04-16 19:07 | | Trackback | Comments(10)

命って重いです。



実は三毛ちゃんの調子が悪くて・・・一昨日は正直ダメかもと思うほど深刻な状況でした。

湯たんぽを常にセットし、暖房をしていても母猫のぬくもりには勝てません。

3匹の中でからだが一番ちいさかった三毛ちゃんはやはり弱いからだでした。

猫風邪にかかってしまい、目薬をいただくもやはり最後は本猫が

ミルクを飲んでくれないことにはどうしようもありません。

子猫がミルクを飲まいということは・・・それはもう死にぐんと近づくことでもあります。

一昨日の三毛ちゃんはまさしくそんな感じでした。

哺乳瓶ではミルクを飲む力もなく、いそいでシリンジに変更しあたたかくしたミルクを一滴ずつ

口にいれます。それも吐いてしまう程弱ってしまい・・・。

夜中の2時「あぁもうだめだ。」と、口に出してはいけないのに口からぽろりと出ました。

何とも言えない闇に包まれた様な表情の三毛さん。

実はその数時間前、家の雰囲気がイヤだったのか、レオがトイレの小窓をこじ開け脱走もしてまして。

レオもいない。三毛ちゃんも危ない。誰も助けれない。飼い主失格だ。

もうおしまいだ・・・ワタシのせいだ。・・・と本当に悪循環。

深夜3時にレオがもどって来ました。するとぐったりしていた三毛ちゃんが急にきゃーーーーっと

鳴きまして。「あぁ本当にもうだめだーーーー!」とうろたえるワタシ。

すると、そのまま三毛ちゃんはワタシの手の中でがくんと・・・・・・寝たのです。

すーすーといびきをたて寝てしまいました。そしてワタシも手の中で三毛ちゃんを抱いたまま

少しだけ・・・30分ほどでしょうか、寝てしまいました。

三毛ちゃんの鳴き声で目を覚まし、そこからはシリンジで少しずつミルクも飲んでくれ

今に至ります。正直言って、この先どうなるかはわかりません。

ただ思うのは、この三毛ちゃんは「生きたい!ミルクもっと飲みたい!」といった意欲が本当にすごくて。

ミルクを飲めないのはワタシのせいだと言わんばかりにひっかかれ、かまれ、叫ばれています。

でも・・・それがすごく嬉しいんです。250gほどの小さなカラダにこんなにも生きようという強さを

持っている三毛ちゃん・・・今はまだ大丈夫!と胸を張っては言えないけど、1ヶ月後今日のこのブログを

「取り越し苦労だったなぁ。」と言える様になりたいです。

ここ1〜2週間が勝負だっ!

負けてたまるかっ!!






d0357917_22023277.jpg



今現在の三毛ちゃん。

がんばれ!ワタシは全力で君をサポートするっっ!!!




[PR]

# by naozou69 | 2018-04-13 22:06 | | Trackback | Comments(10)

元気の源は。


朝5時起床。

まずは我が家の猫達のごはんを準備する。

それぞれの猫に話しかけながら、ごはんを食べる様子をチェックします。

ストレスがかかっていないかを見ながら、テンション低めの子は抱っこをし

ご機嫌を取るのだ。意外にもすぐ浮上するからやりやすい(苦笑)。

そこから子猫のおトイレとミルクやりの時間です。ここはゆっくり一時間ぐらいかけます。

その後、急いで身支度をし、朝食を食べます。

それから仕事に行くまでの数十分間は2回目の子猫達へのミルクタイム。そして職場へ。

お昼は12時〜13時までの一時間休憩だ。

チャイムが鳴ると同時に自転車で我が家に帰る。

12時10分に家に到着。

そこから子猫のおトイレ、そして3回目のミルク。

ミルクをやりながらカップラーメンをすする。そうこうしてる内に12時40分。

慌てて自転車に飛び乗り、職場へ。メイク直しもしなくなった。

17時30分終業チャイムをいまかいまかと待ち続け(17時25分には仕事を終わらせそわそわ。)

チャイムと同時に「お疲れ様でしたっっっ!!!」・・・勢いで帰宅する。

そこからはワタシの就寝0時まで、数回のトイレとミルクやりをし、体重測定で一日が終わる。

最近は朝5時まで起きる事がないのでワタシの睡眠時間は5時間確保できている。ありがたい。

本来、ワタシはこんなバタバタできるほど体力には自信がない。

なのに今は意外にも元気でやっている。たまに風呂場で寝てしまう事もあるが

溺れる事なく、今こうしてブログを書く事が出来ている。湯船は危険だ、気持ちよすぎる。

元気の源はもちろん猫のおかげ。

預かっている子猫達、立派にかわいく育ててみせます。

d0357917_20090951.jpg

d0357917_20093176.jpg

d0357917_20083357.jpg





[PR]

# by naozou69 | 2018-04-10 20:45 | | Trackback | Comments(6)